査定とは?

  • 不動産の査定とは、いったいどういうものなのでしょうか?
  •  
  • 実際の不動産売却においては、まずは所有している不動産の価値を査定し、それにより販売価格を設定します。 そして、その販売価格と条件の合った買主が見つかれば、交渉がスタートし、条件が合えば、不動産の売却を行うことになります。
  •  
  • それだけに、不動産の売却において、査定というのは重要なポイントとなるのです。
  • 不動産の査定には大きく分けて二つの方法があります。
  •  
  • 一つ目の方法は、簡易査定と呼ばれているものです。
  • 簡易査定とは、まずは相場を知りたいといった人に最適な、簡易な査定方法となります。
  •  
  • 売却を検討している不動産の物件概要や、周辺エリアの不動産取引データにもとづいた机上査定を行ってもらえます。
  • 簡易査定では、査定結果をメールや電話で報告してもらうことになります。
  •  
  • 二つ目の方法は、訪問査定と呼ばれているものです。 訪問査定は、具体的に売却予定や住み替えの予定を持っている人にとって最適な、より具体的な査定方法となります。
  •  
  • 仲介担当者による関係法令を含めた不動産の調査実施の上、住まいの内外装をチェックした後に、最終的な査定価格の報告を受けることができます。
  •  
  • 訪問査定では、担当者と直接会って査定結果を聞くことができますので、具体的な要望や、不明点を直接確認できるといったメリットがあります。 検討段階に応じて、いずれの査定を希望するかを選ぶようにしましょう。